国際結婚家庭で子供がいない時期にしておいて欲しいこと

ことば・バイリンガル

フランス・カンヌ流 
“普通”じゃないから活躍できる!
“普通”の枠におさまらない子どもを育てる
親のメソッド 
発達科学コミュニケーション

こども発達コーチの山田ちあきです。

 

前回、国際結婚のライフサイクルを事前にだいたい分かっておく

大切さについてお伝えしました。

 

これから、

国際結婚カップルがどんなステップで過ごしていくものなのか
その時期にしておいて欲しいことを
お伝えしていきたいと思います。

国際結婚カップルのライフサイクル:6つのステップ

下の国際結婚カップルのライフサイクル:6つのステップ

ステップ1:子どもがいない時期(共同生活の始まり)
ステップ2:乳幼児の子どもがいる時期
ステップ3:学校に通う6歳〜12歳の子どもがいる時期
ステップ4:12歳〜18歳の思春期の子どもがいる時期
ステップ5:18歳を以上の子どもと同居する時期
ステップ6:子どもが巣立っていった後、リタイア後

では、ステップ1:子どもがいない時期(共同生活の始まり)
にしておいて欲しいこと
についてお伝えます!

子育て中のお母さんはもうそんな時期は思い出せな
いかもしれませんが。^^

 

 

国際結婚をした夫婦にとって子どもがいない時期はとても大切です!

二人の共同生活の基礎となる土台を作る期間なのです。

 

周りの人達への対応や日常生活の中でこれから起こる困ったことなどに

一緒に立ち向かえるように、

二人がお互いの理解を深めて、意見を一致させていく期間といえます。

 

この土台ができないままだと、

後で子どもができてから、

思っていたような人じゃなかったと気づいたり、

意見が合わなくてけんかを繰り返す、

ことになりかねないです。

 

もちろんお互いの理解を深めて、意見を一致させることは

子どもが生まれてからもできることですが、

その前に土台を築いておくと

後々「えっ??話が違う!」ということになりにくいです。

 

 

さて結婚前のことを思い出してみましょう。

国際恋愛が始まる前に、元々は、旅行や本、映画、人との出会いなどから、

相手の国や文化、肌の色に魅力を感じていたり、好意を持っていたという

こともあるでしょう。

国際結婚は、普通の結婚よりも大変だったり、困難だったりするので、

それを乗り越えたい!と燃え上がったり、

そして同時にやっぱり大変そうだから止めておこうかなと

気持ちが揺れたこともあったのではないでしょうか。

 

そこで皆さんは国際結婚の道を選ばれました!

 

国際結婚をすると、予想どおりカルチャーショックが

もれなくついてきます!

 

国が違えば、文化が違い、価値観も行動の仕方も違いますね。

例えば価値観でいえば、

沈黙(海外では「沈黙は金」が通用しないことが多いですね)、

時間の管理の仕方(フランスでは15分以内の遅れは、遅れではないようです)、

パーティ(海外と日本のお正月とクリスマスの祝い方は違いますね)、

年上の人々・年配の方々への態度(欧米と儒教の影響が強い韓国や中国、日本とは違いますね)、

お金(お金のことを話すのをタブーとする文化もあるようです)、

顔や体の洗い方(お風呂に毎日入るのが当たり前なところは少なそうです)、

食べること(食べ物、食べ方、食べる時間など)

などなど色々と違いますね。

そして、男性と女性の役割、子どもの価値も社会によって異なります。

宗教が違うこともあるでしょう。

 

この違いに気づいたときは、最初は戸惑い、びっくり驚くものですね。

 

相手のやり方に批判的になったり、

どっちが正しいか?!で言い争ったり、対立してしまうこともあると思います。

海外で生活しているので、日本のやり方をやめないといけないのだろうと

無理に相手の文化に合わせてしまって、疲れ果ててしまう人もいるかもしれません。

ずっとそのような姿勢のままだと国際結婚の共同生活はうまくいかないものですね。

 

ではどうしたらよいのでしょうか。

 

またまた ずばりコミュニケーションです!

 

コミュニケーションがきちんと取れるようになるまでには、

長い時間がかかるでしょうし、楽なことではありません。

 

かなりの根気が必要ですし、お互いにゆるしあって、受けいれあったり、

あきらめたり、妥協したり、柔軟な姿勢が必要になりますね。

 

 

このような文化(価値観・行動の仕方・宗教など)の違いで起こる

カルチャーショックと向き合いながら、お互いのことを学び合あって、

お互いの理解を深めて、意見を一致させて、

二人の共同生活の仕方をみつけていく期間

「ステップ1」となります!

 

子どもの発達が心配だから、どんな対応
をしたらいいのか知りたいという方には、
個別相談でお子さんにあった対応策をお
伝えします!

フランス・カンヌ流
“普通”じゃないから活躍できる!
“普通”の枠におさまらない子どもを育てる
親のメソッド 
発達科学コミュニケーション

個別相談会開催中
お申し込みはこちらから>

最後まで読んでいただきありがとうございます!

このブログでは、発達が気になるお子さんを
育てているお母さんが「一人じゃない
んだ」と思ってもらえるように役立つ情報を
公開していきます!

一緒に楽しく子どもの発達をサポートする
仲間「発達メイト」になれたらうれしいです。

山田ちあき

Facebookの友達申請していただけたら嬉し
いです。
メッセージに簡単なブログのご感想も書い
て頂けるとさらに嬉しいです。

Facebookの友達申請は、こちら>

 

Share This
タイトルとURLをコピーしました