プロフィール

山田ちあき

多文化、発達専門の臨床心理士

発達科学コミュニケーショントレーナーとし
て活動中。

東京都世田谷区生まれ

フランス人の夫と小学生の息子と
フランスカンヌで3人暮らし。

私は、多文化、発達の専門家として
色々な文化のお子さんや大人の相談に乗っ
てきました。

多文化の中に育つ子どもの発達に
興味があって、研究してきたので
自分もフランス人の夫と多文化の中で
子育てができることが喜びでした。

しかし、自分の子育てがうまくいかなく
て悩んだことがあります。

息子が私の言うことを聞かなくなり、
私が日本語で話しかけてもフランス語で
返事をし、日本語の勉強も嫌がるように
なったのです。

フランス語は話せるけれど
やっぱり自分の子どもとは日本語
で話したいという強い思いは捨てきれず
どうしたらいいのかネットや本など色々
と調べました。

フランス語で返事をしたら
「なんですって?」と聞き返す
フランス語がわからないふりをする
などテクニックを知って試してみても

余計に息子をイラだたせて私との
関係がギクシャクしていってしま
いました。

私からの声かけは「宿題は?」
「ご飯だよ」「お風呂入りな」
とほとんど指示だけに。

私は家事をするだけの
家政婦さんになったみたいで
私がフランスにいる意味があるのか?

家政婦を雇ってもらって、私は
一人で日本に帰って好きな仕事を
した方がお互いに幸せになれるんじゃ
ないかと考えたこともありました。

なんとかしないといけないと思って
いた時に、ネットで偶然にも
「発達科学コミュニケーション」
に出会えました。

「私に必要なのはこれだ!」と思いすぐに
連絡を取って、マスターしてトレーナー
になることに決めました。

発達科学コミュニケーションを学ぶことで
臨床心理士として学んできたこと
の復習と、脳科学に基づいた関わりを自分
の子どもにも実践することができました。

すると、それまで言うことを聞かなかった
子が、自分から色々と取り組むように
なり、自分から日本語も
話してくれるようになりました。

私もイライラして怒っていたのが、
穏やかに安心して子育てができるよ
うになりました。

海外では近くに日本語で相談できる
ところが少なくて、困っていても
相談できないママも多いと思います。

私のように子どもが言うことを聞か
なくてイライラして怒ってしまったり、
子どもが日本語を話さなくなってしま
うことに不安を感じることもあると思います。

これからは、そんなママたちをサポートして
海外でも安心して子育てをする笑顔のママと
増やすことを使命に活動していきます!

どうぞよろしくお願いします。

 

タイトルとURLをコピーしました