国際結婚を長続きさせるために今からできること

子育て

フランス・カンヌ流 
“普通”じゃないから活躍できる!
“普通”の枠におさまらない子どもを育てる
親のメソッド 
発達科学コミュニケーション

こども発達コーチの山田ちあきです。

 

海外で子育てしている方々の中には、

国際結婚をされている方

も多いと思います。

 

それぞれ育ってきた環境・文化が違う人同士で

一緒に生活を始めるという点では、

日本人同士の結婚でも同じといえますね。

 

国際結婚は、

さらに言葉と国が違い、人種と宗教が違う

こともあるので、お互いに理解し合うための

努力(汗)、コミュニケーションがより求めら

れることになります。

 

そして、

日本から離れて全くのアウェイである海外に生活し、

子育てして、

さらに発達障害のお子さんを育てているお母さん

の努力は並大抵のことではないと思います!

皆さん、本当によく頑張ってらっしゃると思います!

パチパチパチ!

 

国際結婚家庭で子育てをされているお母さんは

とにかく今は子育てを第一に考えて生活されて

いることと思います。

もちろんそれは素晴らしいことです!

 

 

しかし、ここでちょっと思い返してみてください。

国際結婚して海外に引っ越しされたのは、

一体なぜだったのでしょう?

 

・・・

 

今の旦那さんと一緒に暮らしたかったら!

ではなかったでしょうか。

 

今は子育てを一緒にするパートナーですが、

お子さんが大きくなって巣立っていったら

また二人の生活に戻ることになるのです!

・・・

想像できない?

今はそうですね。

 

ここで質問です。

先が全然分からないままで

ただただ全力で走っているのと、

この先に坂道がある、その後は

カーブがあるなどだいたい先がわかって

走っているのと

どっちのほうが走りやすいでしょうか。

 

先がわかっている方が、心の準備もできるし

いろいろ作戦もたてられるし

走りやすいのではないでしょうか。

ただでさえ海外生活は大変です。

さらに国際結婚、

子育て、

発達障害の子どもの子育て

をしているお母さんが全力で走り続けて、

バーンアウトして

リタイアしてしまうことにならないように

先のことをだいたいお伝えしたいと思います!

 

次回から、国際結婚カップルがどんなステップで

過ごしていくものなのかライフサイクルを

6つのステップに分けて

お伝えしていきたいと思います。

 

子どもの発達が心配だから、どんな対応
をしたらいいのか知りたいという方には、
個別相談でお子さんにあった対応策をお
伝えします!

フランス・カンヌ流
“普通”じゃないから活躍できる!
“普通”の枠におさまらない子どもを育てる
親のメソッド 
発達科学コミュニケーション

個別相談会開催中
お申し込みはこちらから>

最後まで読んでいただきありがとうございます!

このブログでは、発達が気になるお子さんを
育てているお母さんが「一人じゃない
んだ」と思ってもらえるように役立つ情報を
公開していきます!

一緒に楽しく子どもの発達をサポートする
仲間「発達メイト」になれたらうれしいです。

山田ちあき

Facebookの友達申請していただけたら嬉し
いです。
メッセージに簡単なブログのご感想も書い
て頂けるとさらに嬉しいです。

Facebookの友達申請は、こちら>

 

Share This
タイトルとURLをコピーしました