海外育児:継承語 日本語の教え方 家の外で学べること

ことば・バイリンガル

フランス・カンヌ流 
“普通”じゃないから活躍できる!
“普通”の枠におさまらない子どもを育てる
親のメソッド 
発達科学コミュニケーション

こども発達コーチの山田ちあきです。

 

前々回、海外で暮らしているお子さん達には、

日本でお母さん達が受けてきた母語としての日本語教育ではなくて、

「継承語としての日本語教育」の視点が大切とお伝えし

前回は、どうやってお家で日本語を教えたらいいのか

お伝えしました。

 

今回は、お母さんとお子さんを取り巻く環境として、お家の外での日本語教育

についてお伝えしたいと思います。

 

海外で暮らしていると日本語に触れる機会は家庭だけになってしまいがちです。

つい子どもがすぐに分かることばを使ってしまい、なかなかことばが増え

ていかなかったり、家庭だけで通じることばになっていたりすることも

あると思います。

家庭だけの日本語のままだと、日本に久しぶりに一時帰国した時に「あれ?」

お母さん以外の人が話す日本語がわからない?!

ということになりかねません。

 

そんな時、お家だけではなくて、他の場所でも日本語を使う・学ぶ機会

作ってあげると、お母さんが使うことば以外にも触れることができて、

ことばが増えたり、日本語が生きたことばとしてこどもにも実感

できるようになります。

 

近所に、日本人のお母さんがいたら一緒に遊んだり、日本語で遊ぶサークルや

日本語補習校があれば、参加するのもおすすめです。

 

日本に定期的に一時帰国できるのであれば、連れて行ってあげると

日本・日本語にさらに興味を持ってくれると思います!

 

お母さんも日本語で不自由なく楽にお話ができる場へ行くことで

普段、外国語を使って生活している、ストレス発散やリフレッシュが

できますね。

 

子どもの言葉の発達や発達が心配だから、
どんな対応をしたらいいのか知りたいと
いう方には、個別相談でお子さんにあった
対応策をお伝えします!

フランス・カンヌ流
“普通”じゃないから活躍できる!
“普通”の枠におさまらない子どもを育てる
親のメソッド 
発達科学コミュニケーション

個別相談会開催中
お申し込みはこちらから>

最後まで読んでいただきありがとうございます!

このブログでは、発達が気になるお子さんを
育てているお母さんが「一人じゃない
んだ」と思ってもらえるように役立つ情報を
公開していきます!

一緒に楽しく子どもの発達をサポートする
仲間「発達メイト」になれたらうれしいです。

山田ちあき

Facebookの友達申請していただけたら嬉し
いです。
メッセージに簡単なブログのご感想も書い
て頂けるとさらに嬉しいです。

Facebookの友達申請は、こちら>

 

 

Share This
タイトルとURLをコピーしました