フランスで発達障害の人の職場発見!<発達障害 海外>

海外子育て

今回は、偶然にもフランスで発達障害の人の職場をみつけたので報告します!
こんなことしている会社がフランスにもちゃんとあったのね〜!
と感動したので朝からすぐにでもお伝えしたいと思っていました!

その会社は、偶然にも私が住んでいる県内、
ニースにあるITのベンチャー企業です!

発達障害のアスペルガー症候群や高機能自閉症と呼ばれ
ている方々(今は自閉症スペクトラムと診断名は変わっ
てきているのですが、フランスではまだこのように呼ばれています)
を雇って、大手企業にITのサービス提供をしているそうです!

社長が話していたインタビューによると、
「彼らにはすごい集中力と一つのことに対する
興味欲・学習欲がある。普通の人たちには太刀
打ちできないような集中力とスキルがあるので
社会は彼らの能力・スキルが必要だ」とのこと
でした。

いや〜嬉しい話ですよね。

自閉症スペクトラム圏の人たちの良さをわかって、
それを社会に還元できるようにして
くれる会社がフランスにあるとは、
とても感動しました!

できて2年弱ぐらいの会社なようですが、これか
らどんどん活躍の場を広げていってもらい
たいですね。

2017年7月にフランスのラジオ番組でも取り上
げられたようです。

社長が話していたこぼれ話で、

会社内にフランスのどこの会社にも置いてあるコーヒー
メーカーを置いてあるそうなんです。

でも社員のだれも誰も使わないからどうしてなんだろう?
と不思議に思って聞いてみたら

返ってきた返事は、

会社には仕事に来ていて、
コーヒーを飲みに来ていない。

だったとか(笑)

他にもフランスには
週35時間労働の法律があるけれど、
社員の皆さんすごい集中力で粘り強く残業してくれるそうです。

なので、月曜日に「先週あなたは働きすぎました」
とメールで知らせないといけないとか(笑)。

なるほど、フランスだと働きすぎるのも
いけないですからね〜(笑)

日本の会社とはまた違うポイントでこぼれ話
がでてくるところがとても興味深いです!!

実は明日この会社の社長と電話でお話しさ
せてもらえることになったので、今から
ワクワクしています。

聞いてほしい質問とかあったらぜひメッセージ
くださいね。

海外でも発達障害の子どもが働きやすい職場が
増えていくのは嬉しいですね。

それまでに、社会でやっていける大人に育てる
方法を知りたいという方に
個別相談でお伝えしています。

お申し込みはこちらから>

最後まで読んでいただきありがとうございます!

*************
バイリンガル子育てについて
脳科学・心理学・教育学の視点から
無料で学べます^^
↓↓↓↓↓↓↓↓
▼無料メールレッスンの登録はこちら▼
1日1分!発コミュメールレッスン
バイリンガルの子の日本語の
伸ばし方

〜ママの一言で子どもが変わる!〜

こちらから>

【無料の個別相談の詳細はこちら】
【お問合せ先】
yamadachiakiweb@gmail.com

山田ちあき富士山おすましペガサス晴れ

発達科学コミュニケーショントレーナー
臨床心理士
Psychologue

Share This
タイトルとURLをコピーしました